男女差

男女差について〜加齢臭に男女の違いはあるのか?

一般的に加齢臭は男性特有の老化現象として認識されている傾向にあるといえます。

いわゆる「オヤジくさい」臭いが加齢臭そのもの、もしくは加齢臭などが混ざった臭いであることがこのような認識の原因になっていると考えられます。

しかし、女性にも加齢臭が起こる場合があるのです。どのような形で女性の加齢臭が起こるのでしょうか?

女性にも加齢臭は起こる

結論から言えば「女性も一定年齢を過ぎると加齢臭が発生する」ようになります。
ただし、男性が40歳代ごろから起こるのに対して女性は早くて30代半ば、通常ならば40代後半ごろの更年期から加齢臭が発生するようになります。

女性の加齢臭が発生する部位は男性と同じ耳の裏側の他に、胸や背中といった脂肪のつきやすい部位が挙げられます。

女性の加齢臭の原因とは?

女性は男性よりも体温が低めの為、加齢臭の元となる皮脂が出にくい傾向にあります。
体温が低めの分だけ冷え性に悩まされやすいのですが汗臭さも強くないことも確かです。

このような女性特有の傾向は、女性ホルモンの分泌によって支えられています。
しかし、40代半ばを過ぎると生理が起こらなくなる閉経に入っていきます。

閉経が始まると生理に関わる卵巣の機能が低下し、女性ホルモンの分泌量が減少していきます。
閉経による女性ホルモンの低下はホルモンバランスの乱れを誘発させ「更年期障害」を引き起こす原因となります。

ストレスにも要注意!

30代で加齢臭が感じられるようになった場合、過度のストレスが原因となります。
過度のストレスがかかるとホルモンバランスが乱れてしまい、「若年性更年期障害」と呼ばれる疾患を引き起こしてしまうのです。

若年性更年期障害の症状には顔のほてりを伴う体温の上昇があり、汗をかきやすくなり皮脂の分泌を促進させてしまいます。

30代女性の加齢臭は、「上昇志向のキャリアウーマン」に代表される男性と肩を並べてバリバリ働くタイプの女性に多く見られるようです。

男性以上の力量・実績が求められる環境に身を置くということは、大変に神経をすり減らすことのようです。

  • 周囲への影響 | 他人の臭いが気になるのは当たり前
  • デオドラントで予防・撃退 | 消臭・防臭は大事な身だしなみ

    投稿がありません。

  • 【加齢臭を知ろう】原因・臭いの出る年齢や男女差
  • 【加齢臭の大元・体臭】ワキガ・足・口臭という体臭の原因
  • 【加齢臭・体臭を予防・撃退するには?】食事・運動・消臭剤などで臭いを防ぐ
関連リンク