年齢

発生する年齢〜加齢臭は若者にも起こる?

加齢臭の「加齢」という言葉には「歳を取る」という意味だけではなく、「老いる」という意味合いを含ませて使われていることがあります。
つまり、加齢臭という言葉は最初から「老齢を見据える世代特有の体臭」という意味を持たされているといえます。

しかし、最近の研究では老いの手がまだ届いていない若者にも加齢臭が感じられるようになってきていることが分かったのです。

加齢臭を意識すべき年齢

加齢臭を含む老化現象は、運動や食事などの生活習慣や遺伝などの個人差に左右される面が大きく「○○歳になったら加齢臭が出ます」というように断言することが出来ません。

基本的には30代半ばから40代前半が「加齢臭が発生し始める年齢」とされています。
つまり、30代に入ったあたりから加は齢臭を意識して生活するようにしていくのが大事なのです。

若者にも増えてきた加齢臭

加齢臭は中年以降から皮脂に含まれるようになる9-ヘキサデセン酸が皮膚常在菌によって分解されて芳香成分であるノナネールを生成することによって発生します。

つまり9-ヘキサデセン酸が皮脂に含まれて居なければ加齢臭のしない、若者であると言うことが出来るはずです。

しかし、最近の研究では9-ヘキサデセン酸とノナネールに関係のない形で、若者に加齢臭が発生することがわかってきたのです。

20代からの加齢臭

20代後半から30代に掛けての成人男性には加齢臭とは性質が違う独特の体臭が感じられます。

化粧品・医薬品メーカーのライオンが調査したところ、20代後半〜30代男性に見られる独特の体臭も一種の加齢臭であることが判明したのです。

この加齢臭はノナネールではなく「ペラルゴン酸」と呼ばれる有機化合物によるもので、化学式で表すと「C9H18O2」となりノナネール(C9H16O)とは水分子(H2O)1個分しか違わない物質といえます。

つまり、若者も中年と同じように加齢臭を発生させるメカニズムを備えているものと考えられます。

若者なりの加齢臭対策

ペラルゴン算による加齢臭が発生する年齢層は、そのまま「女性にもてたい年齢層」でもあると断言できます。
そして体臭の強い男性は女性から倦厭される傾向にあるため、もてたいという願望が強い人ほど体臭対策を徹底する習性を身に付けているのです。

体臭・加齢臭対策としては「臭いの元となる汗をこまめに拭き取る」「デオドラントで制汗・消臭を毎日行う」「汗を吸った肌着は着替える」などが挙げられます。

汗は体温調節に重要な役割を果たしていますが、尿素などの成分が臭いの原因になってしまいます。
男性は汗を掻きやすいので、汗を適切に処理することが体臭・加齢臭対策の基本となります。

  • 周囲への影響 | 他人の臭いが気になるのは当たり前
  • デオドラントで予防・撃退 | 消臭・防臭は大事な身だしなみ

    投稿がありません。

  • 【加齢臭を知ろう】原因・臭いの出る年齢や男女差
  • 【加齢臭の大元・体臭】ワキガ・足・口臭という体臭の原因
  • 【加齢臭・体臭を予防・撃退するには?】食事・運動・消臭剤などで臭いを防ぐ