足の臭い

足の臭い〜暑い日は要注意!強烈な足の臭い

靴は衣服と並ぶ、社会性と実用性を兼ね備えた文化の象徴といえます。
険しい山道やガラス片の散らばった道路といった危ない場所でも安全に通行でき、歩行の疲れを和らげてくれます。
また、衣服に合わせて靴を選び履くことはコーディネートの基本でもあり、マナーを心得ているかどうかの目安にもなります。

しかし、靴を履いて生活することが新しい体臭の原因へとなっているのです。靴や靴下を履くことで起こる足の臭いはどのようなものなのでしょうか?

足の臭いは誰もが悩む

体臭を構成するワキガや加齢臭は、「アポクリン腺の発達」や「一定年齢の経過」といった発生する条件が存在している為、場合によっては無縁のままで過ごす人もいます。

しかし、足の臭いは「靴・靴下を履いている」ことを前提条件として発生するため、現代社会に参加して生活するすべての人が悩まされることになるのです。

足の臭いの原因は?

足の臭いは、靴や靴下に足が包まれることによって足の裏から汗を掻くことが原因となって発生します。

裸足の時は足の裏が汗を掻いてもすぐに蒸発・発散されて残らないものですが、靴や靴下を履いた状態だと汗が残った状態が続くことになるのです。

足の裏にある汗腺は臭いが強くないエクリン腺だけですが、汗の成分を皮膚の常在菌が分解することで酸っぱい臭いを作り出してしまうのです。
それに加えて靴・靴下の保温作用と汗の水分によって足全体が蒸されることによって臭いが強まり、独特の臭気を発生させるのです。

水虫と足の臭いの関係

足を題材とした話題において、足の臭いと同じくらいに頻出するのが水虫です。
水虫は「白癬菌」という細菌によって引き起こされる皮膚の疾患で、強い痒みや皮膚炎などを引き起こします。

水虫を患っている人の多くは強い足の臭いを持っているため、「足が臭い=水虫」という先入観を持たれる原因となっています。
これは、足の臭いの原因となる高湿環境が白癬菌の活動に適していることが大きく作用しています。

つまり、足が臭い人の全てが水虫に悩まされているわけではなく、「足が臭い人は水虫になる可能性が高い」ということなのです。

足の臭いを防ぐには?

足の臭いは自分でも判るくらいに強く、気になっている人も少なくないものです。
しかし、足の臭いの原因となる靴を履かないで社会生活を送ることは不可能に近いといえます。足の臭いを抑えるには、靴・靴下を通気性の良いものに変えることが大事です。

通気が良いと足の周りの温度が抑えられて、臭いが強くなるのを防止する効果が期待できます。
また、活性炭や消臭剤が配合された中敷きを使って臭わないようにすることも効果的です。

入浴の際には特に臭いが強くなる指と指の間をしっかり洗うように心がけましょう。

  • 周囲への影響 | 他人の臭いが気になるのは当たり前
  • デオドラントで予防・撃退 | 消臭・防臭は大事な身だしなみ

    投稿がありません。

  • 【加齢臭を知ろう】原因・臭いの出る年齢や男女差
  • 【加齢臭の大元・体臭】ワキガ・足・口臭という体臭の原因
  • 【加齢臭・体臭を予防・撃退するには?】食事・運動・消臭剤などで臭いを防ぐ