食事

食事で予防・撃退〜身体の臭いは食べ物が作る

食事は命を繋ぐための大事な習慣であると同時に、美味しいものを食べる楽しみを味わわせてくれる娯楽でもあります。

しかし、健康を維持する為には美味しいものだけでなく自分の嫌いな食べ物も摂らなければなりません。

そして体臭・加齢臭の予防においても食事は重要な役割を持っているのです。

食事と体臭の関係とは?

食事の内容は体臭の質や強さに大きく影響を及ぼします。

肉食中心の食生活を送っている人は体臭が強く、野菜中心の食生活をしている人は体臭が薄くなるだけでなく回りの臭いに敏感になるといわれています。
これは肉に含まれる脂肪が体臭の元となる脂肪酸を合成する材料になるだけでなく、動物性たんぱく質の過剰摂取から便秘になりやすくなるのが原因です。

逆に野菜中心の食生活は、便通を良くする食物繊維と植物性たんぱく質の摂取量が増えて、臭いの元となる脂肪酸の分泌が減少するため体臭が薄くなっていくようです。

つまり、野菜の摂取が体臭を抑える食生活の鍵となっています。

抗酸化作用で加齢臭を予防する

加齢臭は老化現象によって、汗に含まれる脂肪酸の種類が変わると同時に皮膚常在菌を活発に働かせる活性酸素が増えることを原因としています。

活性酸素は老化の元とも言われており、活性酸素を減らすことが加齢臭ひいては老化現象を防止する決め手といえます。
活性酸素を減らすには、活性酸素の生成を抑制する抗酸化作用のある成分を含んだ食品の摂取が重要になります。

抗酸化作用を持つ成分としては、チョコレートなどに含まれるポリフェノール、お茶の有効成分であるカテキン、トマトを赤くするリコピン、ビタミンC・Eなどが挙げられます。

バランスの良い食生活が体臭を変える

「飽食の時代」と言われる現代において、栄養バランスの良い健康的な食事を摂り続けることは意外と難しいものです。

手間が掛からずそれなりに美味しいインスタント食品やファーストフードが氾濫しているため、いつの間にか脂肪分たっぷりの食事に慣らされていることは珍しくないことです。
面倒であっても自分で栄養バランスの整った献立を考えて調理することは、体臭および健康を改善する上で欠かせません。

体臭・加齢臭を防止する食事としては、「ビタミンや食物繊維・抗酸化作用成分を豊富に含む緑黄色野菜を必ず使う」「野菜の調理は栄養素が流出しないように注意する」「調理に使う油は植物性のものにする」「肉を控えて魚を中心にした献立を作る」などが要点といえます。

また、食事をする際には「良く噛んで唾液の分泌を促進させる」「食べ物を水で流し込まない」といったことを意識することも大事です。
良く噛んで唾液の分泌量を増やすことは虫歯予防に繋がり、肥満防止にも効果を発揮します。

  • 周囲への影響 | 他人の臭いが気になるのは当たり前
  • デオドラントで予防・撃退 | 消臭・防臭は大事な身だしなみ

    投稿がありません。

  • 【加齢臭を知ろう】原因・臭いの出る年齢や男女差
  • 【加齢臭の大元・体臭】ワキガ・足・口臭という体臭の原因
  • 【加齢臭・体臭を予防・撃退するには?】食事・運動・消臭剤などで臭いを防ぐ