デオドラント

デオドラントで予防・撃退〜消臭・防臭は大事な身だしなみ

体臭や加齢臭は本人が気付かなくても周囲の人に思わぬ迷惑をかけているものです。
そのため、体臭を出来る限り周囲に感じさせないように勤めることは社会人として最低限の礼儀となっています。

即効性のある臭い対策であるデオドラントによる体臭予防法はどのような物なのでしょうか。

デオドラントの意味と役割について

一般的に、体臭を防ぐ消臭剤や制汗剤は一纏めに「デオドラント」と呼ばれます。語源は英語の「体臭防止剤」で、日本語でもそのまま使われています。

定義としては「バクテリアの増殖を抑え、体臭を防ぐ薬剤」ということになります。日本国内でデオドラントとして市販されている商品は、「皮膚常在菌の滅菌作用」「発汗を抑制する作用」などを実現する成分に香料を添加したスプレーが主流となっています。

デオドラントの基本的な利用法

デオドラントを使う際には、前もって「つける場所を清潔にしておく」必要があります。

汗を掻いている状態でデオドラントを使っても、常在菌が生息する皮膚の奥まで届かず効果が半減するからです。

ウェットティッシュなどのエタノールを使った除菌効果のあるもので汗などをしっかり拭き取ってから、デオドラントをつけるようにするのが最善です。

ミョウバンで消臭・制汗する

加齢臭・体臭対策として人気が高い方法の一つがミョウバンです。
ミョウバンはアルミニウム・アンモニウムやカリウム・ナトリウムなどの金属が硫酸塩という形で結びついた物質で食品添加物として利用されています。

ミョウバンは古代ローマ時代からデオドラントとして利用されていて、高い滅菌力と収斂作用を持っています。

ミョウバンを使う際は塊状で販売されているものを砕いて粉末にして直接腋などにすり込むか、水に溶かしてミョウバン水を作りスプレーボトルに入れて臭いの気になる場所に吹き付けます。

ミョウバン水は、1.5リットルの水に対してミョウバン50g程度混ぜて作ります。使う際にはさらに10倍程度に薄めます。

クエン酸で臭いの原因・乳酸を防ぐ!

最近体臭予防法として注目を浴びているのが、クエン酸です。
クエン酸は柑橘類や食用酢の酸っぱさの元で、経口摂取すれば疲労回復に効果があります。

これは「クエン酸回路」と呼ばれる代謝機能によるもので、疲労の原因と言われる乳酸を分解して再利用する働きがあります。
クエン酸の摂取によってクエン酸回路が機能するため、疲労回復に効くのです。

また除菌作用も高く、掃除にも利用できます。
つまりクエン酸を使って皮膚常在菌の活動を抑え、体臭の原因となる乳酸を減少させるのが目的です。

クエン酸をデオドラントに利用する場合は、レモンを絞ったものを前述のミョウバン水に混ぜたりお酢をスプーン1〜2杯程度お風呂に入れたりして使います。

また、クエン酸は汗腺からも吸収されるため、経口摂取しなくても充分に効果が出ます。

  • 周囲への影響 | 他人の臭いが気になるのは当たり前
  • デオドラントで予防・撃退 | 消臭・防臭は大事な身だしなみ

    投稿がありません。

  • 【加齢臭を知ろう】原因・臭いの出る年齢や男女差
  • 【加齢臭の大元・体臭】ワキガ・足・口臭という体臭の原因
  • 【加齢臭・体臭を予防・撃退するには?】食事・運動・消臭剤などで臭いを防ぐ