手術

手術で予防・撃退〜臭いを手術で抑える方法とは?

体臭や加齢臭は生活改善や食生活の見直し、デオドラントの利用などを的確に行えば予防・改善できるものです。
しかし、個人ごとに違う汗腺の発達具合によってはデオドラントや香水に含まれる香料さえ効かないほどに強い体臭・加齢臭が発生することがあります。

ある意味では病気に近い体臭や加齢臭を解消するには、手術に踏み切らなければならないのです。

臭いの元・アポクリン腺を叩け

体臭や加齢臭は汗腺の一つであるアポクリン腺が関係しています。
アポクリン腺から分泌される汗には皮脂などが含まれ、皮膚に住み着く常在菌の働きによって体臭の元となる脂肪酸を合成する材料として利用されます。

日本人のアポクリン腺は発達していない人が多数を占めるため、発達している人が体臭・加齢臭に悩まされているのです。
つまり、アポクリン腺を手術でどうにかしてしまえば、体臭に纏わる悩みは解消できるということになるのです。

アポクリン腺に対する手術の一覧

アポクリン腺への手術はワキガ治療の代名詞ともなっているほど、体臭を抑える効果があります。
しかし、手術を行なったからといって完全に体臭・加齢臭がなくなるわけではなく場合によっては再発する恐れもあるのです。

手術に踏み切る前に、専門医への相談を入念に行う必要があります。

外科手術

ワキガ治療で行われる外科手術は、腋にあるアポクリン腺を切除することを目的としています。

外科手術では皮膚ごとアポクリン腺を切りだしてしまう「切除法」、目立たないように皮膚を切開してゴリゴリと筋子のようなアポクリン腺をこそぎ出す「剪除法」、1cm程度切開して脂肪吸引器具を挿入してアポクリン腺を吸い出す「吸引法」などがあります。

外科手術では見落としなどで残ったアポクリン腺から再発の恐れがありますが、多くの場合は体臭の抑制効果を発揮します。

レーザー手術

アポクリン腺・エクリン腺といった汗腺は全て毛穴に繋がっていて、汗は毛穴から噴出す仕組みになっています。

レーザー光線による手術は毛穴からアポクリン腺に照射する為、皮膚切開の必要がなく患者の負担が小さいという利点があります。

しかし、施術を数回行わなければならないことや、腋毛の脱毛効果もあることなどのデメリットもあります。

超音波手術

超音波手術は吸引法に改良を加えたもので、アポクリン腺を超音波メスで破砕しながら吸引機で吸い出すというものです。

超音波手術は手術痕も小さく、血管や神経に出にくいという利点を持っていますが、アポクリン腺が残ってしまうことや腋毛が保存されるというデメリットもあります。

ボトックス注入

美容整形で皺取り効果が注目されているボトックスは、体臭防止にも利用されることがあります。

ボトックスはボツリヌス菌が生成する化学物質で、皺取りや痙攣の治療などに利用されています。
ボトックスは神経伝達物質であるアセチルコリンを阻害する機能を持っており、これを利用して発汗を抑制し体臭・加齢臭を防止するのが狙いです。

ただし、注入一回につき効果が3~4ヶ月程度しか続かないこと、本来は多汗症への治療なので体臭の防止目的では治療が受けられない可能性があるなど、難点も多いようです。

  • 周囲への影響 | 他人の臭いが気になるのは当たり前
  • デオドラントで予防・撃退 | 消臭・防臭は大事な身だしなみ

    投稿がありません。

  • 【加齢臭を知ろう】原因・臭いの出る年齢や男女差
  • 【加齢臭の大元・体臭】ワキガ・足・口臭という体臭の原因
  • 【加齢臭・体臭を予防・撃退するには?】食事・運動・消臭剤などで臭いを防ぐ