コンドロイチンは関節の軟骨の成分であり、軟骨を健康に維持する働きがあります。また、肌の真皮層の水分保持の役割もあるため、みずみずしい肌を作る働きもあります。
コンドロイチンは加齢とともに体内で作られなくなってくるため、関節痛予防や美肌のためには、コンドロイチンを体外から摂取する必要があるでしょう。

老化に伴い起こるのは、加齢臭だけではありません。多くの人を悩ませている関節痛も、老化が原因で起こります。 しかし、関節痛はコンドロイチンを摂取すれば予防できます。また、コンドロイチンは老化とともになくなっていく肌のハリも取り戻せるんですから、積極的に摂取したい成分と言えるでしょう。

【コンドロイチンとは?】

コンドロイチンとは、軟骨や皮膚の構成成分であるムコ多糖類の一種です。ギリシャ語でコンドロイチンは、軟骨を意味します。それほどに、軟骨の健康に欠かせない成分で、軟骨成分の約30%を占めています。

また、コンドロイチンは肌の真皮層に多く含まれています。コンドロイチンは保水性が極めて高いため、コンドロイチンが多く含まれている肌ほど水分が多く、みずみずしい肌を保てます。

コンドロイチンは加齢とともに減少する!

コンドロイチンは体内で作られる成分ですが、20代頃から作られる量が減少していき、50代ではほとんど作られなくなってしまいます。
そのため、コンドロイチンが不足し始める40代頃から、肌や軟骨にトラブルが生じやすくなるのです。

【コンドロイチンの関節痛予防効果】

関節痛は、関節の骨と骨の間にある軟骨がすり減ってしまうことが原因です。
関節の骨と骨の間に存在する軟骨は、骨と骨がこすれ合わないようにする働きがあるのですが、軟骨がすり減ってしまうと、その働きを成すことができずに痛みを生じるようになります。

コンドロイチンは、軟骨の成分であり、すり減った軟骨を再生する働きがあります。そのため、すり減った軟骨が元に戻るのですから、痛みも改善できるのです。

軟骨液の成分でもあるコンドロイチン

軟骨液は、関節の軟骨に栄養を運んだり、不要になった成分(老廃物)を排出したりする働きがあります。そのため、軟骨液が十分に循環されないと軟骨の新陳代謝が悪くなり、軟骨の健康を維持することができなくなってしまいます。

コンドロイチンは軟骨液の成分でもあるため、軟骨液の循環を良くして軟骨の新陳代謝を促進する働きがあり、軟骨の健康を維持してくれます。

多くの細胞では、血液が栄養や老廃物を運んでいますが、軟骨には血管が通っていないので、血液ではなく軟骨液が栄養や老廃物を運んでいるのです。

【コンドロイチンの美肌効果】

肌の真皮層には、肌に弾力を持たせるコラーゲンと、コラーゲン繊維の隙間を埋めるコンドロイチンが存在しています。

コンドロイチンは極めて保水力が高く、コンドロイチンが真皮層にたくさん存在すれば、水分量の多いみずみずしい肌になります。
肌の老化はコンドロイチンが減少することによって、肌の水分量が減少することも原因の一つとなっています。

コンドロイチンを摂取することにより、肌の水分量を増やし、みずみずしい肌を作る効果が得られるのです。

【コンドロイチンの摂取方法】

コンドロイチンは、食べ物にも含まれています。納豆やオクラ、長いもなどのネバネバ食品、フカヒレなどに含まれています。
しかし、納豆やオクラなどのネバネバ食品に含まれているコンドロイチンは微量なので、これだけで十分な量を摂取することはできません。また、フカヒレは日常的に摂取することは困難ですよね…。

そのため、コンドロイチンを食べ物で十分に摂取するのは難しいと言えるでしょう。

コンドロイチンは医薬品で摂取できる

コンドロイチンは、関節痛などの予防・治療を目的に販売されている医薬品で摂取することができます。医薬品と言っても、医師の処方箋が必要ない一般用薬品で販売されているため、通院なしで購入できます

特に、第三類医薬品として販売され、コンドロイチンを十分に摂取できる医薬品を見つけましたのでご紹介します。
第三類医薬品と聞いても、いまいちピンと来ないかもしれませんが、第三類医薬品とは一般医薬品の中でも最も安全性が高いものが分類されます。インターネットなどでも購入できるので、手軽に入手できます。

コンドロイチンを含む医薬品の中でも、累計販売数が180万個を越え、多くの人に支持されている「グルコンEX」をご紹介します。

国内で生産され、安全性の高いコンドロイチン

コンドロイチンなどの有効成分で関節痛に飲んで効く グルコンEX

軟骨の健康維持に役立つコンドロイチンに加え、関節痛の痛みを緩和するビタミンB1硝酸塩、自律神経に作用して痛みを抑えるγオリザノールという有効成分を摂取できます。関節痛の治療・予防に飲んで効く医薬品です。

【コンドロイチンに副作用はある?】

関節痛予防や美肌に効果的なコンドロイチンですが、効果が高い成分だけに、やはり副作用が気になりますよね…。

しかし、コンドロイチンは体内でも生成される成分ですから、適切に摂取すれば副作用はないようです。まれに吐き気や上腹部痛などの副作用があるようですが、医薬品などの用量・用法を守って摂取すれば、心配ないでしょう。


  • 周囲への影響 | 他人の臭いが気になるのは当たり前
  • デオドラントで予防・撃退 | 消臭・防臭は大事な身だしなみ

  • 加齢とともに関節痛が増えるワケ

    加齢とともに関節痛が増えるワケ

    軟骨の健康を維持するコンドロイチンは、加齢とともに体内で生成されなくなるため、コンドロイチン不足によって関節痛が生じるようになります。

  • 肌の老化もコンドロイチン不足が原因

    肌の老化もコンドロイチン不足が原因

    コンドロイチンは皮膚の真皮層にも存在します。保水性が極めて高いコンドロイチンが不足すると、肌の水分量が低下して肌の老化を招きます。

  • コンドロイチンを多く含む食品

    コンドロイチンを多く含む食品

    コンドロイチンを多く含む食品にフカヒレがありますが、日常的に摂取するのは困難ですよね!?そのため、医薬品やサプリで摂取する人が多いです。

 
 

    投稿がありません。

  • 【加齢臭を知ろう】原因・臭いの出る年齢や男女差
  • 【加齢臭の大元・体臭】ワキガ・足・口臭という体臭の原因
  • 【加齢臭・体臭を予防・撃退するには?】食事・運動・消臭剤などで臭いを防ぐ